後悔脳内 ~僕の頭の中を公開します~

通信と紙媒体に舵を切る 犬の犬になってはいけない。出来れば、鳥や猫、馬の犬 ナナが好き

悪いものだとしても、良いものに変えてゆけるか否か.... |函館山の展望台でコンピューター占いをした

f:id:ktake0606:20180924150756j:plain

悪いものだとしても、良いものに変えてゆけるか否か....

日本独自の文化とその心を追求

 精神性に重きをおくこと。

 心の自由を追求すること。型や形式にとらわれることなく、その自由を追求すること。文化を追求すること。また、その様をロックと言えばそうなのだろうし、道も似ているか。

 

カラフル 【通常版】 [Blu-ray]

カラフル 【通常版】 [Blu-ray]

囚われる事ないその様をどれだけ追求できるか

 とらわれる事ないその様をどれだけ追求できるかが、これからの日本に求められているのだろう。

 ネットは特にそうか。

 必ずしも、武力だけで戦う必要もない。文化面の侵略も侵略に違いないし、それに抗うのは、やはり、文化でしかない。

 他国に影響を受ける事ない、日本独自の文化。その心。そのかたち。時間はかかるかも知れないが、すぐさま、どうにかできる事でもないが、地道にやる以外に無い。

 

カラフル (文春文庫)

カラフル (文春文庫)

文化で、諸外国と戦うことができるはず

 影響下に入らない事は、武力以外にも必ずできる。文化で、諸外国と戦うことができるはず。

 そういった事は、すぐさま効果が出ないかも知れない。やはり、時間がかかるかも知れない。たしかに、無駄なことに見えるかもしれないが、モノやカネがなくともできる事。

 先達は、大戦により出来なかったが、現代日本は自由。

 そうはいっても自由。

 日本には、少なくともモノ、カネはある。たとえ、心がないと言われたとしても、やはり、あるのだ。

 先達には無かったものが、沢山ある。

 あとは、人がいかに「心」を追求できるのか。文化を追求できるのか。日本の心を取り戻せるかにかかっている。

 

2019年5月5日、マイクロソフト共同創業者である故ポール・アレン氏が遺した探索チームが、太平洋戦争中の1942年に戦没した旧日本海軍の重巡洋艦「古鷹」をソロモン諸島沖のサボ島沖合1400メートルの海底で発見したと発表した。

近年では人気ゲーム「艦隊これくしょん」などへの登場でも、その名を知られている古鷹。同チームによると発見日は2月25日となっている。

http://news.livedoor.com/article/detail/16429288/

追記①

昨年9/24、当時はそう考えていたものの、難しいのかなと思い始めている。 

"旧日本海軍の重巡洋艦「古鷹」ソロモン諸島沖で発見”という記事を目にした時に、様々なことが連想されたが、"日本は心で負けた。文化でも負けたのだ”と、思わざるを得なかった。

心を持つ事は無い「古鷹」、旧日本海軍の重巡にモノとしての価値は皆無。戦闘中に敵国にやられ、沈んだ軍艦でしかない。ただ、そこに心をみたのだろう。モノとしての価値は皆無である「古鷹」に価値を見出し、損得を度外視して、心ある行動をとり続けていた。

敗れたものへの配慮や、情けの話に思う。

日本人から、そういった心が失われている事を思うにつけ、情けない気持ちになった。五輪も来年に迫っているにもかかわらず、心ない日本人の行動。伝統文化になるはずもない。日本人に対する皮肉。

2014年夏青森・函館に旅行に行く

函館山の展望台でコンピューター占いをした

 そいつの友人が言うところによると、"マトリョーシカをひとつひとつ剥いでいくと、1番中心には何かが入っている”のだそうだ。

 その人は、そういう問いかけを僕にしてきた。いわく、イエス様が入っているのだとか。

 僕は、その話を聞いて思ったことがあった。

 “その「心」を秘めるべきは、秘める必要がある”の話だと。これは信仰の話である。

 占いもそうかも知れない。以前、コンピューター占いをした事があったが、問題は内容の中身ではない。

 

追記②

"マトリューシカの真ん中には、何がはいっているのか?”の問い。

この話自体聞いたことが無かったから、答えは知らなかった。が、何とか導き出そうと思った。吹っかけてくるし、そいつの友人だし、情けないところはみせられないと考え、思案する。

マトリューシカ....ロシア。ロシア革命がおこり共産主義になった。宗教良くないものとされた。信心深いものはどうしたのか、と考えを進めてゆき、答えを導き出せた。

共産主義者宣言 (平凡社ライブラリー)

共産主義者宣言 (平凡社ライブラリー)

青森・函館めぐり ―――クラフト・建築・おいしいもの (地球の歩き方Books)

青森・函館めぐり ―――クラフト・建築・おいしいもの (地球の歩き方Books)

函館競馬開催6月15日(土)~7月21日(日)

 函館競馬場に、遊びに行ったことがあります。

 周りに高い建物もなく、それが影響してか開放感もあり、心地よかった記憶があります。

 また、機会があったなら、訪れたいですね(*‘ω‘ *)

6月16日(日)

GIII 函館スプリントステークス

7月14日(日)

GIII 農林水産省賞典函館記念

7月21日(日)

GIII 函館2歳ステークス

2019年6月16日 GIII 函館スプリントステークス

 “GIII 函館スプリントステークス”を「Wikipedia」で確認したところ、

 ビリーヴ、キンシャサノキセキ、カレンチャンなど気になる馬が勝利しており、訪れてみたいとも思うが....

 

 

2018年優勝セイウンコウセイ   


2018/06/17 第25回 函館スプリントS(GⅢ)〈レース結果〉

函館スプリントステークス(はこだてスプリントステークス)は、日本中央競馬会(JRA)が函館競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。

1994年に夏季競馬の短距離重賞の充実を図る目的で、4歳(現3歳)以上の馬による重賞競走として「札幌スプリントステークス(さっぽろスプリントステークス)」の名称で創設。1997年から札幌競馬と函館競馬の開催順が入れ替えられたことにより、施行場を函館競馬場に変更のうえ現名称となった。2006年からはサマースプリントシリーズの第1戦に指定されている。

函館スプリントステークス - Wikipedia

五稜郭にも立ち寄った“日本の城とは趣が違う”

“星形要塞”はイタリア式築城術(ヴォーバン様式)

 翌日、五稜郭にもよった。五稜郭タワーにものぼり、上から眺めた。たしかに星形になっている。お星様だ。施設内に、土方歳三像もあり写真に収めた。

 ハンディカムを手にし、五稜郭内へ向かった。

 “日本の城とは趣が違う”

 素直な感想。そらそうよ、五稜郭はフランスから来たもの。

 “星形要塞”というものは、もともとはイタリア式築城術なのだそうだ。

 

土方 歳三(ひじかた としぞう)は、幕末期の幕臣、新選組副長。諱は義豊、雅号は豊玉、家紋は左三つ巴。

新選組時代には、局長・近藤勇の右腕として組織を支え、戊辰戦争では旧幕軍側指揮官の一人として各地を転戦し、またいわゆる「蝦夷共和国」では軍事治安部門の責任者に任ぜられて軍才を揮った。明治2年(1869年)5月11日、戊辰戦争の最後の戦場になった箱館五稜郭防衛戦で、銃弾を受けて戦死。享年34歳。

土方歳三 - Wikipedia

五稜郭(ごりょうかく)は、江戸時代末期に江戸幕府により蝦夷地の箱館(現在の北海道函館市)郊外に建造された稜堡式の城郭である。同時期に築城された長野県佐久市の龍岡城も稜堡式城郭であり「五稜郭」と呼ばれるが、単に「五稜郭」といえば函館の城郭とする場合も多い。

五稜郭タワーから望む五稜郭   

f:id:ktake0606:20190607060523j:plain

五稜郭 - Wikipedia

星形要塞(ほしがたようさい)は火砲に対応するため15世紀半ば以降のイタリアで発生した築城方式。イタリア式築城術(イタリアしきちくじょうじゅつ)、稜堡式城郭(りょうほしきじょうかく)、ヴォーバン様式(ヴォーバンようしき)という名で分類されることもある。

1750年の状況に復元されたブルタング要塞

グローニンゲン、オランダ   

f:id:ktake0606:20190607060924j:plain

星形要塞 - Wikipedia

幕末史 (新潮文庫)

幕末史 (新潮文庫)

司馬遼太郎と城を歩く (光文社文庫)

司馬遼太郎と城を歩く (光文社文庫)

“サイアク”なものだとしても良いものに変えてゆけるか

 

反面教師(はんめんきょうし)とは、反省の材料となるような人や事例を指す。中国共産党中央委員会主席の毛沢東により発案された言葉で、中国語の原語では「反面教员」である。

日本の似たような諺に「人のふり見て我がふり直せ」というものがあり、日本でも一般にはその意味で慣用される語句になっているが、毛沢東の原典ではさらに詳細な意図が語られている。「絶対に真似したくない」と思わせる教育方法を指すこともある。

反面教師 - Wikipedia

映画『燃えよ剣』2020年公開

 その良し悪しでなく、その内容を、いかに自分のものとし、より良く、反映させられるかにかかっている。

 “教師”や“反面教師”も同様のこと。

 いずれにせよ、どういった情報だったとしても、その情報から、なにを考え、なにをイメージできるか。

 より良くイメージし、反映させられるか。たとえ、それが“サイアク”なものだったとしても、よりよく、変えていくかにかかっているし、時間はかかるかも知れないが、その努力を続けられるかにかかっている。

 ネット時代だからこそ、かかっている。

 

燃えよ剣 全2巻 完結セット (新潮文庫)

燃えよ剣 全2巻 完結セット (新潮文庫)

浅草寺のおみくじの話にも似ている....

 “凶”をどう捉えるのか。

 30%の割合で凶が入っているのだそう。

 “凶”というものを文字通り悪いものとしてしまうのか、それとも、今はたしかに低迷期かも知れないが、“今が底”と捉えられるのか否か。

 “あとは上向くだけ”と落ち込むことなく、より良いものに変えていく行く作業を、繰り返し行えるのか否かなだけ。

 そういったことを、行えなければ、文字通りの“凶”となってしまう。

 

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

  • 作者: デイヴィッド・S・キダー,ノア・D・オッペンハイム,小林朋則
  • 出版社/メーカー: 文響社
  • 発売日: 2018/04/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365 人物編

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365 人物編

  • 作者: デイヴィッド・S・キダー,ノア・D・オッペンハイム,パリジェン聖絵
  • 出版社/メーカー: 文響社
  • 発売日: 2019/04/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る